まぶた ニキビ

まぶた(瞼)にニキビができた場合の原因と治し方

「まぶた(瞼)にニキビができてきてしまった・・・。」
「ブツブツ・ポツポツの白いできものが、なんだか気になる・・・。」

 

・・・そんな悩みには、非常に深いものがあります。
短期間では、改善するのが難しいからです。

 

まぶた(瞼)のニキビ・できものの症状

 

まぶた(瞼)にできるニキビ・できものには、色によって4つの種類・段階があります。

 

まずは、白いブツブツ・ポツポツがあります。
別名「コメド」と言われる、いわば初期段階の症状です。

 

黒いブツブツ・ポツポツは、開放面皰と言われるもので、
毛穴が開き、汚れた黒い角栓が見える状態になります。

 

赤いブツブツ・ポツポツは、白いできものが悪化した状態。
アクネ菌が繁殖する事で炎症が起こり、赤くなります。

 

黄色いブツブツ・ポツポツは、悪化したできものの最終段階です。
炎症が治まっても皮膚表面にクレーターのような跡が残ったり、色素沈着を起こします。

 

まぶた(瞼)のニキビ・できものの原因

 

まぶた(瞼)にニキビ・できものができる原因は、様々です。
白いポツポツ・ブツブツなど、症状の種類によっても、原因が違います。

 

原因1:皮脂の過剰分泌

 

まぶた(瞼)にできるニキビ・できものですが、
原因の1つ目には、ストレスによる「皮脂が過剰分泌」が挙げられます。

 

原因2:洗い残し

 

シャンプーやリンスの洗い残しなどです。
洗顔料の洗い残しや、ファンデーションによる毛穴つまりも原因の1つです。

 

まぶたにできるニキビ・できものの原因は、瞼は凹凸のある形状なので、
隅々までしっかりと洗えないことが影響しています。

 

原因3:ホルモンバランス

 

まぶた(瞼)にできるニキビ・できものの原因の3つ目は、ホルモンバランスの乱れです。
急激な皮脂の増加で、白いブツブツやポツポツができてしまいます。

 

原因4:外的な刺激

 

外的な刺激で、無意識に手で何度も触れているうちに、
菌が繁殖して炎症を起こしてしまいます。

 

これが、まぶた(瞼)にできるニキビ・できものができる原因の4つ目です。

 

凸凹の白いブツブツ・ポツポツは、赤みや色素沈着とは違います。

 

肌の奥深くの部分までダメージを受けているので、
きちんとしたケアをしない限り、放っておけば治る、というものではありません。

 

しかし努力次第で、まぶた(瞼)のニキビ・白いできものを治すことは可能です。

 

まぶた(瞼)のニキビの治し方

 

まぶた(瞼)のニキビ・白いできものに対しては、
他の肌トラブルと同様、基本はターンオーバーを正常化することが大事です。

 

治し方については、保湿を中心に行っていきます。

 

凸凹の白いブツブツ・ポツポツの場合、
実は肌の奥深くまでダメージが及んでいるからです。

 

肌の内部までしっかりと有効成分が届き、ターンオーバーを正常に働かせてくれる、
専用の化粧品を使用する必要があります。

 

まぶた(瞼)のニキビ・白いできものを治すには、
ターンオーバーを正常化することこそが、最短の治し方になります。

 

白いブツブツ・ポツポツを完全に治すには、生活習慣の改善も必須です。

 

まず睡眠はしっかりとる必要があります。

 

質の良い睡眠で、できれば長い時間寝ることです。
寝る時間帯より、どれだけ質のいい睡眠を取れるかが大事です。

 

食事も大事です。

 

ターンオーバーを正常にするには、
身体に必要な栄養をしっかり摂る必要があります。